Love PG , Liquor & Music

プログラマー備忘録やお酒や音楽

Heroku+Ruby on Railsで開発する! その3(開発環境構築 Ruby, Rails, Gitのインストール)

前回のエントリーで必須資材(RubyRails、Git)の概要を書いたところで、今回は実際に必要なソフトのインストールを行っていこうと思います。

 

その前に、やはりネットのリファレンス読んだレベルじゃRubyのルの字もコードが読めなかったので「たのしいRuby」って本を呼んでみました。

 

たのしいRuby 第4版
 

 

結論から言うと、楽しくはなかったです。

まあ、この手の入門書って、

「たのしい~」(楽しかった試しがない)

とか、「やさしい~」(あまりやさしくない)

とか、「基礎から学ぶ~」(最低限○○の知識は必要)

とかタイトル詐欺が結構ありますが、いい本はいいので本屋に行って中身を見て自分にあったものを選ぶのがベストですね。

 

この本は、解説がすごくわかりやすく、また多く書き込まれており、ソースと出力例も項目ごとに用意してくれているので参考書としてはすごくわかりやすかったと思います。あと、標準的なクラスやモジュールのリファレンスを兼ねた解説なんかも書いてます。

 

というところで、早速環境の構築をしていきます。

開発環境作っていく上でOSの選定を一番にしなきゃいけませんが、

Cent OS、WindowsMac悩んだ末にWindowsですることにしました。

ただ、いろんなRubyistGithub見てると、公開しているGemなんかに「推奨環境:Rubyがまともに動くOS(=Windows以外)」とか言うのを頻繁に目にするので、今後なんかGemとか使ったりするときに動かないからもう使うの諦める!なんてケースが出てくるかもしれません。

 

ちなみに、開発するうちのPCは以下の構成で動いてます。

 

Rubyをインストールする

1.ダウンロード

 今回はRuby Installerを使って導入します。

まず、Ruby Installerのサイト(http://rubyinstaller.org/)からInstallerをダウンロードします。

  32bitの場合はrubyinstaller-2.0.0-p481.exe

  64bitの場合はrubyinstaller-2.0.0-p481-x64.exe

Rubyのバージョンは X.X.Xって感じで表されて、良く先頭の2桁をとって、2.1系みたいな感じで表現されています。Javaなんかはメジャーアップデートしても昔のバージョンのメソットは@deprecatedつけてて残しててくれててたり(enumの時とかは別)、コンパイル通すまでにそんなに苦じゃなかったりしますが、Rubyはガッツリ動かなくなったりすることが多いみたいなのでバージョンを選定するのは結構大事になってきたりします。今回は、Ruby Installer対応の2.0系、Ruby 2.0.0-p481を入れます。

 

2.インストール

 ダウンロードしたファイル(rubyinstaller-2.0.0-p481-x64.exe)を実行します。

 

f:id:gwaan_so:20140525163616j:plain

言語を選んでOK

 

f:id:gwaan_so:20140525163648j:plain

 

はいはい、agree agree

 

f:id:gwaan_so:20140525163723j:plain

 

必要なOptionにチェックつけます。環境変数への登録とRubyへの関連付けはしとくと便利なのでしておきます。Td/TkはGUIアプリケーション作成支援のオプションなので今回は入れません。インストール先はC直下とかがデフォで入ってくるのでそのままで良さそうです。今回はC:/Ruby200-x64インストール。

 

f:id:gwaan_so:20140525163904j:plain

 

完了したら、プログラムにRubyが追加されてます。

コマンドプロンプト立ち上げて、

 

f:id:gwaan_so:20140525164044j:plain

 

ruby -vで上の表示がでたら完了です。

 

Railsをインストールする

次にRuby On Railsをインストールしていきます。

と、その前にDevkitを入れときます。

 

1.Devkitのダウンロードとインストール

 DevkitはC、C++コンパイラです。Rails使うときに必ず必要になります。

上記、Ruby InstallerのサイトにあるDEVELOPMENT KITからダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、Devkitを展開します。

 

f:id:gwaan_so:20140525170021j:plain

 

展開したらそのまま使うので、インストールしたRubyディレクトリに展開しとくのがいいです。

展開が終わったらインストールディレクリまで行って、プロンプトから

ruby dk.rb init

してあげます。

んで、Initialization Complateでたら、

ruby dk.rb install

してあげます。

 

f:id:gwaan_so:20140525170900j:plain

 

・・・あれ?入らない。メッセージにはconfig.ymlを見ろと。

config.ymlみたところ、Rubyへのパスが必要だが記載されていない模様。

ファイル末尾にRubyインストールパス

- C:/Ruby200-x64

を追記してあげて再びruby dk.rb install

 

f:id:gwaan_so:20140525171200j:plain

 

 はい、これでDevkitが入りました。

 

2.Ruby On Railsのインストール

 次にRailsをインストールします。

 コマンドプロンプトから

gem install rails

してあげます。初回は結構時間かかるかもしれません。

XX gems installedってメッセージが出たら完了です。

 

プロンプトから

rails --version

してあげます。

f:id:gwaan_so:20140525171948j:plain

 

上のようにバージョンが表示されたら完了です。

今回は4.1.1が入りました。任意のバージョンを入れたいときは、gem install rails -v 3.12 みたいな感じで叩いた上げるとそのバージョンが入ります。

 

これでRailsのインストールは完了です。

あとは、Node.jsとかSQL Liteとか入れとくと便利なのですが利用する時にでも手順は残そうと思います。

 

3.せっかくなので動かしてみる

 ここまで出来たら実際にサーバーを動かすことができます。

今回はただの動作検証で、詳しくは実際にアプリを作るときに書いていきます。

まず、適当なフォルダに移動して

rails new rails_test

を叩きます。

すると、つらつらといろいろなファイルが生成されます。

 

 

f:id:gwaan_so:20140525173240j:plain

 

終わったら

cd rails_test

で移動して、

rails s

とうちます。サーバーがここで動く人Windows 64ビット以外)は動きます。

多分Windows 64bitの人は以下の様なスタックがでてサーバーが起動できません。

C:/Ruby200-x64/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/tzinfo-1.1.0/lib/tzinfo/data_source.rb:1

99:in `rescue in create_default_data_source': No timezone data source could be f

ound. To resolve this, either install TZInfo::Data (e.g. by running `gem install

 tzinfo-data`) or specify a zoneinfo directory using `TZInfo::DataSource.set(:zo

neinfo, zoneinfo_path)`. (TZInfo::DataSourceNotFound)

 

和訳するとtzinfo-dataのソースが無いのでインストールしてね!みたいな感じです。

これ実はインストールできてるんですが、64bitmingwしていしないときちんと入らないんですよね。

ので、プロジェクト直下にあるGemfileを修正します。

 

gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin]

gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw]

 

はい、これでtzinfo-dataのプラットフォームを64bitで行けるように設定しましたので、

プロンプトから

bundle update

してあげます。

 

で、終わったら

rails s

でサーバー起動

f:id:gwaan_so:20140525174249j:plain

 

みたいなメッセージが出たら起動完了です。

起動したら

http://localhost:3000/

にアクセスします。

 

f:id:gwaan_so:20140525174814j:plain

 

が出たら完了です。

 

Gitをインストールする

最後にGitをインストールします。

 

1. Gitのダウンロードとインストール

 Gitは色々クライアントソフトがありますが、今回はGithubが出してるのを使います。まず、Githubのサイト(https://windows.github.com/)からクライアントソフトをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが始まるのでインストール完了まで待ちます。

すると、GUIのCUI2つのクライアントがインストールされます。

あまりGUIは使うこと無いと思うので、Git Shellを起動します。

git --version

叩いてバージョンが表示されたら完了です。

 

だいたいこれで開発環境は整いました。次回からは実際にWEBアプリを作っていきます。GitHubの使い方なんかもまだわからないとこ多いので今後の課題としたいと思います。